suzumoku

爆破後最初のライブ

はい久っ々の弾語りライブでした!

 

先月のFCイベントにてszmokersの皆様に爆破されてからの、

 

最初のライブでした!(笑)

 

IMG_2297.jpg

場所は東京、吉祥寺、

 

“Planet K”というライブハウス。

 

ここんとこ東京はどん曇り続きでしたが、

 

珍しくキラッキラな晴れ間が見れましたね!

 

やっぱりまだ夏は終わっちゃいねぇ!

(その後すぐ雨降っちゃったけどね笑)

 

 

 

“ROCK'n ROLL HiLLs -Floor Stage-”

 

というイベントタイトル通り、

 

ライブステージはまるでプロレスリングの様に、

 

フロアのど真ん中に作られ、

 

本来のステージには椅子とテーブルが置かれ、

 

そう、お客さんがぐるりと取り囲む感じで、

 

これはあれだね、まさに爆破後の検証には持ってこいの、

 

お客様全方位監視型ライブでした(笑)

 

 

 

こいつぁむしろ自由度ある!と思い、

 

曲ごとにステージ上のマイク位置を変えたり、

 

にゃんにゃんスキャットしてみたり(笑)、

 

ぐるりと見渡しつつ、

 

ステージ上のマットがくしゃくしゃになる程、

 

歌っていきましたが

 

 

 

 

 

爆破後のsuzumoku

 

どうでしたか?(笑)

 

 

 

 

 

あ、その前に、ですよね。

 

爆破って何のこと?」

 

と、思う人もいると思います。

 

しかもタイミング悪いことに、

 

爆破や爆発に関する事件事故のニュースが最近多いので、

(困ったもんです

 

誤解の無いよう、説明しますと

 

 

 

今夏、スズモク、

 

色々とスランプ気味だったのです(笑)

 

だったらもういっそのこと、

 

「スランプだ!」とファンの皆様に公言した上で、

 

そんなスズモクをいじり倒して最後に爆破してやろうぜ!!

 

そんなムチャクチャなイベントをやったわけです。

 

もちろん、イベントは最高の、

 

文字通り爆破で幕を閉じましたよ!(笑)

 

 

 

そういった経緯があったので、

 

今回のライブはそこからの、

 

リボーン、リブート、リスタート、

 

再構築であって、

 

自分としても大きく試されるライブだったわけです。

 

 

 

 

 

で、歌い終えてから、

 

やっぱ気になりましてね(笑)

 

 

 

 

 

実は、そんな爆破イベントを経て、

 

身も心もニュートラルになったところで、

 

玉置浩二さんのコンサートに初めて行きまして、

 

ガッツーン!と感動しまして、

 

そんな事をツイート&クリップも(LifeCLIPSというSNSにて)しましたが、

 

それ以降、

 

自分の今までの声を改めて振り返り、

 

これは研究して練習して深めていかなければと、

 

今回のライブに向けて、

 

自宅とスタジオをひたすら往復してました

 

 

 

 

 

からの、

 

ライブ本番という事で渾身の5曲、

 

アドバンスドしたものをお届けできました、でしょうか?(笑)

 

IMG_2301.jpg

個人的には

 

ライブ後のビールが飲めた!

 

って感じなんですが(笑)、

 

ぜひとも見ていただいた皆様の感想等、

 

SNSTwitter & Facebook)や、

 

ラジオメッセージ等でも、

 

いただけたら嬉しいです!

 

初めて観て聴いていただいた方も率直な感想、

 

ぜひお寄せください!

 

 

 

平日の夜中のしかもあいにくの天気にもかかわらず、

 

聴きに来ていただいた皆様、

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

次回今月末、26 & 27(土,日)には、

 

Japan Folk Festivalのステージです。

 

また、来月10/20(火)にも今回と同じく、

 

Planet Kでの弾語りライブが決まりました!

 

あと、毎週木曜日の夜はニコ生もやってるので、

 

こちらもぜひご覧ください!

 

 

 

以後、      

 

アドバンスドしたものをお届けしますんで、

 

みなさん検証もかねて(笑)、

 

また是非お越しください!!

■ suzumokuプロフィール

2007年、アコースティックギターを片手に音楽シーンに突如現れ、アルバム「コンセント」でデビュー。
その荒々しくも正確なフィンガリング、独自性、強烈な歌声は“オルタナティブフォーク”と形容された。

当時の代表曲である「週末」は、社会に出て次第に世間に染まっていく若者の葛藤を歌い、時に優しく、
時に厳しく、常に明確なメッセージを伝えようとする現在のスタイルの萌芽が、この時すでに見て取れる。

2011年、ツアー先の仙台に向かう道中で東日本大震災が起こり、被災。
現地での避難所生活の中、互いを助け合う心に触れ、「僕らは人間だ」を作曲。
震災から二日後にYouTubeで発表し、チャリティーソングとしても大きな話題を呼んだ。


そして、東北の状態をより多くの人々に伝えるべく、ツアーの続行を決意。同曲を全国に届けた。

この体験から、メッセージをより遠くにまで届けたいという想いが強くなり、エレキギターを掴む。


以降、徐々にその音楽スタイルはフォークからロックへと変化してゆき、弾語りだけではなく、バンド編成でのライブも積極的に繰り出すようになる。

2013年、キャリア初のフルアルバム「キュビスム」を発表。
収録された「蛹」や「モンタージュ」は、独自の視点で捉えた様々な現代の側面を描き、その音楽性の広さと歌詞表現の多彩さを見せつけた。



2014年初頭、矛盾を抱えたまま空回りする社会に怒りをぶつけるが如く、さらに激しいロックサウンドへと移行。
バンドを率い、“毎回新曲を披露する”という公約のもと、同年5月より渋谷“CHELSEA HOTEL”でのフリーライブを毎月決行している。

2014年12月10日、自身にとって音楽生活の集大成とも言えるワンマンライブが決定。
その場では2015年2月にリリースとなるニューアルバムの超先行販売も行われる。

現在までにミニアルバム4枚、コンセプトアルバム3枚、フルアルバム1枚を発表。
デビュー前はギター職人という経歴の持ち主。

□ オフィシャルサイト
www.worldapart.co.jp/suzumoku/

recent entries