suzumoku

卯花月の音色

 

20140034.JPG

あれだけ降った雪の気配も淡くなって、

 

やたらと道路工事が多いなと思っていたら、

 

そうかもう年度末かと今さら気付いたり。

 

桜が咲き出す傍らでロケンロー、

 

あれって実際何やってるんでしょうね。

 

道路の補修と言われればそうかもしれないけれど、

 

やっぱりただ掘り返して埋めて予算を使(ry

 

そして4月を迎えて新年度早々8%への増税、

 

エイプリルフールでした~あはは~、

 

なんて事にはならないのだ。

 

強かに生きていいこうではないか。

 

 

 

 

 

20140040.JPG

さて、先月までは割とバンドでのライブが多かったけれど、

 

4月はアコギ弾語りのライブが沢山あります。

 

順を追って紹介しましょう!

 

 

 

 

 

【4月5日(土),6日(日)】

東京・新宿

新宿歌舞伎町エリアの複数会場にて

ETERNAL ROCK CITY. 2014

※suzumokuは6日に出演

詳細

http://eternal-rock-city.info/

 

 

 

【4月12日(土)】

東京・池袋

Live Garage Adm

第一回

K.YAIRI大好きアーティスト集まれ!

追悼、矢入一男氏に捧げる

OPEN,17:30/START,18:00

TICKET,¥1,500+1D

※入場者特典、K.YAIRIオフィシャルステッカーセット

 

 

 

【4月19日(土)】

兵庫・尼崎

LIVE SHOT BLANTON

suzumoku 弾語りワンマンライブ

「On Microphone ~in Hyogo~」

OPEN,17:30/START,18:00

TICKET,前売¥3,500/当日¥4,000(+1D)

 

 

 

【4月20日(日)】

兵庫・神戸

神戸VARIT./BO TAMBOURINE CAFE/niji cafe

ARTRIUM/スポルテリア/北野工房のまち/トア公園

トアロード・アコースティック・フェスティバル 2014

※suzumokuはスポルテリアにて出演

詳細

http://tor-acofes.com/#home

 

 

 

【4月21日(月)】

京都

SOLE CAFE

suzumoku 弾語りワンマンライブ

「On Microphone ~in Kyoto~」

OPEN,18:30/START,19:00

TICKET,前売¥3,000/当日¥3,500(+1D)

 

 

 

 

 

…と、こんな感じになっています。

 

僕のオフィシャルHPの方でも是非ご確認下さい。

 

suzumoku Official Web Site

 

 

 

 

 

20140043.JPG

弾語りだからこそ栄える曲、

 

弾語りになると景色が変わる曲、

 

沢山持って会いに行くよ!

 

みんなも沢山会いに来てくれ!

 

春の空気とアコースティックな音を楽しもう!

 

快晴に恵まれるといいなぁ…

 

 

 

 

 

20140038.JPG

Zeiss Ikon,Contaflex Ⅲ

 

Tessar,50mm F2.8

 

Ilford,Delta 100

 

2014,February

 

Japan,Miyagi~Fukushima~Saitama

■ suzumokuプロフィール

2007年、アコースティックギターを片手に音楽シーンに突如現れ、アルバム「コンセント」でデビュー。
その荒々しくも正確なフィンガリング、独自性、強烈な歌声は“オルタナティブフォーク”と形容された。

当時の代表曲である「週末」は、社会に出て次第に世間に染まっていく若者の葛藤を歌い、時に優しく、
時に厳しく、常に明確なメッセージを伝えようとする現在のスタイルの萌芽が、この時すでに見て取れる。

2011年、ツアー先の仙台に向かう道中で東日本大震災が起こり、被災。
現地での避難所生活の中、互いを助け合う心に触れ、「僕らは人間だ」を作曲。
震災から二日後にYouTubeで発表し、チャリティーソングとしても大きな話題を呼んだ。


そして、東北の状態をより多くの人々に伝えるべく、ツアーの続行を決意。同曲を全国に届けた。

この体験から、メッセージをより遠くにまで届けたいという想いが強くなり、エレキギターを掴む。


以降、徐々にその音楽スタイルはフォークからロックへと変化してゆき、弾語りだけではなく、バンド編成でのライブも積極的に繰り出すようになる。

2013年、キャリア初のフルアルバム「キュビスム」を発表。
収録された「蛹」や「モンタージュ」は、独自の視点で捉えた様々な現代の側面を描き、その音楽性の広さと歌詞表現の多彩さを見せつけた。



2014年初頭、矛盾を抱えたまま空回りする社会に怒りをぶつけるが如く、さらに激しいロックサウンドへと移行。
バンドを率い、“毎回新曲を披露する”という公約のもと、同年5月より渋谷“CHELSEA HOTEL”でのフリーライブを毎月決行している。

2014年12月10日、自身にとって音楽生活の集大成とも言えるワンマンライブが決定。
その場では2015年2月にリリースとなるニューアルバムの超先行販売も行われる。

現在までにミニアルバム4枚、コンセプトアルバム3枚、フルアルバム1枚を発表。
デビュー前はギター職人という経歴の持ち主。

□ オフィシャルサイト
www.worldapart.co.jp/suzumoku/

recent entries