ONE OK ROCK インタビュー Page2


ー なるほど。

Taka「そういう中で、もう少し自分達的に今後のことを考えると、すごく早く投げる直球もいいんですけど、遠投のような長い距離で遠くまで届けられる、そんな曲も作りたいというところでテンポを下げたいと思いました。それにグルーヴも、もっとつけたかったし。そういう中で、いざ曲を作ってみると、多少の違和感を覚えたんです。」


ー 違和感?

Taka「今までのテンポ感でいうと、若干どこかで物足りなさを感じてた部分はあったんです。それは作っている方だから余計感じていて。だから次のタイミングでこれを出していいのだろうか?という感覚にものすごく襲われました。でも結果的にすごくちゃんと色々な人のところに届いた作品だと思うし、リリースして良かったと思いました。」


ー 確かに前作『Nicheシンドローム』よりも今作『残響リファレンス』の方が、音の幅もグルーヴも、それこそ大きなステージで映えるサウンドに思えました。

Taka「そう感じてもらえたなら嬉しいです。」


ー 作品を作る時は、今までもライブのことは意識してきました?

Taka「そうですね。『Nicheシンドローム』の前作『感情エフェクト』位から少しずつライブでやることを本当に意識して作るようになりました。」


ー それまでは、どんな点に一番重きを置いていましたか?

Taka「メロディかな…、でも分からないです。もうがむしゃらにやってましたから。特にそこまで考えることもなかったかもしれません。」


ー ということは、やはりバンドにとってライブというのは、かなり大きな存在ということですよね。

Taka「バンドって、基本的にライブと制作の2つだけなんですよ。だからライブがあるから制作があるし、制作があるからライブがある。切っても切り離せないし、ある意味これでひとつと言っても過言ではない位に重要なものだと思います。」


ー 好き嫌いで分けてしまうのは、いささか雑な気はしますが、あえて言えばどちらが好きですか?

Taka「どっちも好きですけどね…同じ曲ばかりずっとやっていると、正直飽きてきますし、そういう時に「次、こういうものをやりたい!」という発想が出てくると制作は面白いと感じます。」


ー 制作でメンバー同士、ぶつかり合いなどしますか?

Taka「殆どないね。」

Toru「そうだね。」

Taka「好きな音楽が殆ど一緒なんですよ。」


ー そうなんですか!元々ルーツ的にはどういう音楽が好きなんですか?

Taka「西海岸のパンクから、エモ(エモーショナルロック)にどんどん移っていく感じですかね。」

Toru「わりとバンドをやり始めてからバンドサウンドな音を聴きだした感じなんです。だから同じタイミングで、同じ環境で、ちょっと上の世代のバンドを聴いたりもしていました。」


ー 具体的には?

Toru「高校生の頃は、グッド・シャーロットとかフーバスタンクにフォール・アウト・ボーイ、リンキン・パークにSUM41、ザ・ユーズドとかですね。」


ー いいですね!!

Taka「僕も全く一緒です!」


ー やはりそういう部分が共通していると、出音のセンスという面で、ぶつかり合いというのもないかもしれませんね。

Taka「そうですね。まあ大体、出したい音とか歌いたいメロディとか、もしくは雰囲気は一緒になってきます。実は僕もそこまでは詳しくなかったんですが、Toruの家に遊びに行って曲を作ったりしている時は、ほとんどToruのパソコンで音楽を聴いたりしていたんですよ。」


ー そうだったんですか。

Taka「はい。だからそこから情報がどんどん広がっていったという感じでしたので、殆ど入り口は一緒なんです。」


ー 今回、このパッケージにドキュメンタリー映像も収録されていますが、これは昨年11月にZepp Nagoyaを皮切りにスタートした<ONE OK ROCK 2011-2012 “残響リファレンス” TOUR>全14公演を密着されたもの。かなり密着していますね!

Taka「あまり距離のない映像を届けたかったので、あの映像は友達のカメラマンに撮ってもらいました。」


ー ライブや、オープンを待っていたりライブ後のオーディエンスのショットもありましたが、彼らのノリはすごくアツイですよね!

Taka「アツいですね。」

Toru「最近特にどこに行ってもアツイね。」

Taka「ほんと、そうだよね。嬉しい!」


ー あの映像を観ていると、まるで自分もあの14公演を一緒に回った気になる位でした。

Taka「わかります、その感覚!」


 


© 2015 mFound