twitter twitter
SPYAIR  LIVE at 野音 Just Like This 2011@日比谷野外大音楽堂  2011.10.3

SPYAIR LIVE at 野音 Just Like This 2011@日比谷野外大音楽堂 2011.10.3

SPYAIR_yaon3.jpg野音を見下ろす雲はどんよりとしていて、今にも雨が降りそうだった。
2011年10月30日、日比谷野外大音楽堂。数ヶ月前の取材でこの日に夢を抱いていたSPYAIR5人の眼差しが、ついこの間のように思えたが、やっとこの日が来たかという想いもどこかに持ちつつ、ライヴはスタートした。

金髪モヒカンのENZEL☆(DJ)がSPYAIRと書かれた真っ赤なフラッグを掲げ登場し、 KENTAのドラムがこれから起こるであろう熱狂の時間を予測させた。それに煽られ他のメンバー登場。9月にリリースした1stアルバム『Rockin’ the Wolrd』のタイトル曲、「Rockin’ the Wolrd」はやはりどう考えてもこのライヴの1曲目にふさわしい。

取材の時、UZ(G/Pro)はこの曲を、ライヴのオープニングSE的なノリの1曲で、スタートする曲になればいいと語っていた。それこそ彼らが好きなリンキン・パークをも彷彿とさせるゴリゴリのサウンドにIKEのしゃがれたパワフルな声が「野音、声聴かせてくれー!!」と叫ぶ。SPYAIRの魅力はやはりこのIKEのヴォーカルと、洋楽をも思わせるメロとリフ。演奏力のパワフルさと、ライヴアイコンであるENZEL☆の大きな煽りだろう。嫌でもオーディエンスのボルテージをあげていく。結構、唯一無二の存在かもしれない。

「やってまいりました。10月30日野音。すごいね。1月1日に発表した時、こんな風になると思わなかった。」ENZEL☆がそう言うと、「俺は思ってたよ」と IKEはクールな笑顔をみせる。でも「ステージにあがるまで会場を見ないようにしてたんだけど、やばいです!」とやはり興奮は隠せないようだ。前日は眠れたかという話がMOMIKEN (Bass)に及ぶと、 ボソッと「眠れなくて目の周り、クマだらけです」一言つぶやき、爆笑のシーンも。目の周りに黒いメイクを施しているMOMIKENしかできないギャグだ(笑)

IKEは3月の震災を通じて、助けを求める声を感じ曲を作ろうと思ったと静かな口調で語り始めた。「生きている中で無力だと思うことがあるけれど、仲間の力を借りればきっとできることがあるはず」そういいながら、被災地まで届けという想いを胸にアコースティックヴァージョンの ”LINK IT ALL” を披露。 KENTAのカホンも野音を包む緑を抜け、空へ高らかに響いた。

…と、ここでイメージがグッと変わってENZEL☆のソロトークコーナー。嚙むし話しがまとまらないしと自分で言っていたがかなり真面目に、「こんな景色が観たいと思うのが観れてる。ステージはみんなで作り上げていくもの」と、想いを語った。

その後、MOMIKENとKENTAのソロ演奏。しなやかにうねるMOMIKENのベースに、KENTAの力強いアタックのドラム。それぞれお互いにない部分の隙間をうまく埋め合い、絶妙なグルーヴを生み出している。

ちなみにENZEL☆いわく、このソロのタイトルは「20年来の愛はたしか」だそうだ(笑)もうひとつ、ちなみにの話をすると、この10月30日は<初恋の日>らしい。それに伴いENZEL☆が自分の初恋話をしようとすると、すかさず「聞きたくなーい!」の声が飛ぶ。うーん、なんて最高のタイミングなんだ!お客さんナイス!!
でも、ここで終わるENZEL☆ではなかった。雨が少し強めに降り出し、みんなあわててレインコートを着出すが、「メンバー全員のサイン入りTシャツをプレゼントします!」との声に大歓声が湧く。小さく丸めたTシャツを手で投げた後、バズーカを持ち出し、後ろの立ち見席まで飛ばし、その飛力の凄さにざわめきながらオーディエンスは手を伸ばした。

「野音、ここからあげていくぞー!!」

後半、IKEのその声で更にパワーアップする野音。ENZEL☆がバズーカからスモークを出しながら煽ると、ステージ上より、バンッ!と強烈な音で火花が爆発音をあげる。 “OVER” や “サムライハート(Some Like It Hot!!)” でテンションもMAXに!
それでも更に銀色のテープが勢いよく発射されると、ライトにキラキラと照らされたそれを手に握りしめたオーディエンス達や、指を高く突き上げるオーディエンス達は一体となって、本編最後の “SINGING” を楽しんだ。

スタート前から実は気になっていたが、会場のみんなが青い花を持る。幼稚園お遊戯などで作った柔らかい紙を幾重にも折って真ん中を輪ゴムで結んで端を開くというアレ。それがアンコールで、一斉に会場を青く染め、メンバーが再びステージへ登場すると、一面の青い花の海に驚いていた。

「この景色もあとちょっとしか観れないなんて切ないけど、嬉しいです!」IKEはそう言うと12月の初の東名阪ワンマンツアーを発表。オーディエンス達は熱狂し「また来てくれますよね?3000人と進んで行きたいと思うので、誰1人欠けることなく」と言いながらもIKEは、長い人生の中、SPYAIRの音楽から離れる時期があっても、また戻って来てくれればいいと自分達の想いを大切にファンへ伝えた。

以前の取材でも言っていたが、 MOMIKENがこの日、IKEが夕暮れの中歌う姿を想像して作ったという”BEAUTIFUL DAYS”を披露。夕暮れより、大分空の色を藍色に変えてしまっていたが、その歌声はこの日集まった1人1人に暖かく降り注いだ。
曲が終わり、この時間を噛み締めるような沈黙。
「今、見えてる景色、マジで最高です!」  1月1日に野音発表してから実際、時間的には厳しかったという。「でもそんな中、メンバーはそれぞれやれることをしっかりやって、やっとこういう素敵な景色が見られました。今、見えてる景色も十分素敵だけど、俺らSPYAIRと一緒についてきて欲しい」と語り、”Just Like This” でこの野音のステージは幕を下ろした。

誰もいない地元名古屋のストリートからライヴを始め、野音をSOLD OUTにさせ、12月には東名阪ワンマンツアーを迎えようとしている。まだまだ走り続けるSPYAIRの今後の挑戦が楽しみだ。


取材・文/まさやん


SPYAIR TOUR 2011「Rockin' the World」
12/17(土)大阪@心斎橋 CLUB DROP
12/19(月)東京@Shibuya O-EAST
12/31(土)愛知@クラブダイアモンドホール[TOUR FINAL

2011-2012"COUNTDOWN"SPECIAL LIVE]
※詳細はオフィシャルホームページにて
http://www.spyair.net/

フォトギャラリー

セットリスト

1、 Rockin’ the Wolrd
2、ジャパニケーション
3、Last Moment
4、感情ディスコード
5、Beautiful
6、Stay together
7、My Friend
8、I miss you
9、LINK IT ALL(Acoustic ver.)
10、STRONG
11、Dead Coaster
12、INCOMPLETE
13、OVER
14、サムライハート(Some Like It Hot!!)
15、LIAR
16、SINGING

アンコール
1、BEAUTIFUL DAYS
2、Just Like This

Interview

Live Report

Blog

ページの先頭へ

ホーム | プレスリリース | プライバシーポリシー | 広告に関しまして | お問い合わせ

  • facebook
  • ツイッター