twitter twitter
GLIM SPANKY『焦燥』インタビュー


ー c/wの“MIDNIGHT CIRCUS”ですが、“焦燥”とはまた違う幻想的な歌詞ですよね。

松尾:私は元々幻想文学が好きなんですが、絵画もシュールレアリズムや、その周辺から派生したものや前衛アートが好きなんです。だから不思議で幻想的な空気の曲を書きたいという気持ちがずっとありました。

亀本:この曲もインディーズ時代にやっていたものをガラっと変えて。…というかタイトルも変えたんですがそこも含め、いしわたりさんと練り直しました。

松尾:元々のこの曲は、歌詞が現代詩みたいだったんです。歌詞が5行しかなくてそれを永遠と繰り返すみたいな。インディーズ時代に作った時はそこが重要だったんですが、メジャーでは沢山の人に聴いてもらいたいので、不思議で詩的な部分も損なわず、より多くの人に理解してもらう歌詞にしました。

亀本:サウンドも本質は曲げずに、より届き易くしようと思いました。元はイントロや間奏部分にだけ出て来るギターフレーズがメインテーマになるメロディでしたが、新たなサウンドでは、イントロで一度弾いたフレーズをサビの後ろでも弾く。それを何度も繰り返し、間奏部分だけではなく歌の後ろでも鳴っている。その方が楽曲として印象が強くなるんじゃないかと思って。それは“焦燥”でも同じですが。


ー “ダミーロックとブルース”と、 “ FLOWER SONG”はライヴヴァージョンですが、これだけのクオリティのライヴヴァージョンって凄いですよね。 声も含め全然ブレがない。

松尾:本当ですか?嬉しい。


ー 4月に開催された『EMI ROCKS neo』では、GLIM SPANKYのライヴを観たオーディエンスが、衝動的に歓声や拍手を贈ったという印象を強く持ちました。勿論GLIM SPANKYファンからの歓声もありましたが。

亀本:『EMI ROCKS neo』は、自分達としても大きなステージでしたし、特に最近のライヴは多くのオーディエンスの前での演奏が増えたり、場合によってはレコード会社の偉い人が観に来たり(笑)。だからインディーズのその前、アマチュアの頃からすると、遥かにプレッシャーはかかります。今回ライヴヴァージョンのこの2曲も、実際録音をしているから、そういうことも最初は「録音?やべー!」って思ってましたもん(笑)。

松尾:あと「カメラ撮られてる!やばい!」とかね(笑)。

亀本:そうそう(笑)。でもそういうプレッシャーの中でも、良いものを出せなければプロではないので、『EMI ROCKS neo』くらいからプレッシャーを気にしないというか、それでもやれる自信がついてきた気がします。


ー レミさんはいかがですか?

松尾:歌に関しては、お客さんが1人だろうが5,000人だろうが変わらないと思って歌っているので、そこはより磨きをかけていけたらと思っています。


ー 今回、アデルの “ ROLLING IN THE DEEP”と松任谷由実さんの荒井由実時代の名曲“ひこうき雲”をカヴァーされていますね。

松尾:今回、スタジオ録音が2曲、ライヴ音源が2曲、カヴァー音源が2曲という並びですが、せっかくのデビュー盤、不特定多数の世界へ送り出すことを考えると、とっかかりが多い方が良いと思ったんです。スタジオレコーディングした楽曲は、すべての音や歌詞を奇麗に聴かせられる。その後ライヴ音源でライヴの良さも想像していただき、カヴァー楽曲では声の本質を伝える。だからカヴァー曲は弾き語りにしました。

亀本:声の魅力を伝えたいという部分がカヴァーの意図としても大きかったですし、声の本質を伝えるために全てを削っても届けられることを表現したかったんです。


ー ちなみに何故この二曲を?

亀本:それこそジャニス・ジョップリンと言われるロックな力強さは認識されているかもしれませんが、優しいバラード曲を歌っても、レミさんの声はすごく魅力的だと僕も思っているので、その両方がわかるセレクトをしました。

松尾:どの曲をカヴァーするかは本当に悩みましたが、みんなが知っている曲が良いということになったんです。でもGLIM SPANKYのオリジナルの中に、どこか共通点を感じられることも大切にしたかった。例えばアデルであれば、世界で大ヒットして多くの人に知られましたが、楽曲自体はオールドさとロックのきちんとした色を持ちつつ、現代らしさも感じられる。そこはGLIM SPANKYとしてもぴったりでしたし、更に高音を張る曲なので、色々な声のトーンの幅を見せられるよねという話になったんです。そこがこの曲を選んだ一番の理由です。またもう1曲は、日本語の歌詞で尚かつメロディだけでも弱くならない楽曲。 “ひこうき雲”はまさにそういう曲だと思いますし、そういう部分もGLIM SPANKYが作りたい楽曲とリンクしていたので、この曲を選ばせていただきました。


ー 最後に、mFound読者のみなさんに一言お願いします。

亀本:これからGLIM SPANKYがデビューして、今の日本や世界に向けて刺激的な音楽を作っていくので、よろしくお願いします!

松尾:多分、今この記事を観てくださっている方はみんな音楽好きだと思うので、そんなあなたをドキッとさせられるような、今だからこそ伝えられるロックを作っていきたいと思うので、GLIM SPANKYに注目してください!


ー ありがとうございました。


取材・文/秋山昌未


■ オフィシャルHP
http://www.glimspanky.com/

■ ユニバーサル ミュージックHP
http://www.universal-music.co.jp/
glim-spanky/


■ GLIM SPANKY Twitter
https://twitter.com/glimspanky

■ 松尾レミ Twitter
https://twitter.com/remimatsuo

■ 亀本寛貴 Twitter
https://twitter.com/glim0kamemoto


 

リリース情報

Debut Mini Album「焦燥」
2014年6月11日発売

syoso_j.jpg
1500円+税 / TYCT-60038

収録曲
1. 焦燥
2. MIDNIGHT CIRCUS
3. ダミーロックとブルース(Live)
4. Flower Song (Live)
5. Rolling In The Deep(カバー音源)
6. ひこうき雲(カバー音源)

amazon
amazon

LIVE情報

インストアイベント
6月12日(木)タワーレコード新宿店7F イベントスペース

6月17日(火)仙台MACANA
6月19日(木)up!!!NEXT @O-WEST
*対バンツアー*
7月03日(木)大阪アメリカ村CLAPPER
7月04日(金)名古屋CLUB UP SET
7月10日(木)仙台PARK SQUARE
7月11日(金)横浜 CLUB LIZARD
7月18日(金)神戸 太陽と虎
7月19日(土)京都 MOJO
7月21日(月・祝)千葉 LOOK
*ワンマンライブ*
8月07日(木)渋谷チェルシーホテル

 

Interview

Live Report

Blog

ページの先頭へ

ホーム | プレスリリース | プライバシーポリシー | 広告に関しまして | お問い合わせ

  • facebook
  • ツイッター